妊娠出産と片頭痛

妊娠前の片頭痛

とにかく強い片頭痛持ちで、時には仕事を休むことも。ゾーミッグは効かないのでレルパックスを飲んでいました。漢方での体質改善と予防(熱いと頭痛が起こるので夏は冷却グッズと日傘や帽子を着用)、そして低用量ピルをやめたことで生理前~生理中の3日ほどにコントロールできるようになりました。

妊娠中の片頭痛

生理前後に片頭痛が起こりやすい人はホルモンの影響を受けやすいタイプらしく、妊娠中は片頭痛が起こらないと言われています。重い片頭痛持ちだった私はひそかに楽しみにしていました。

しかし妊娠超初期である時期に強烈な片頭痛が私を襲います。野垂れまわるレベルのやつ。しかも妊娠中はレルパックスNG!ロキソニンもNG!と言われ、効きもしないカロナールを飲んで布団でメソメソ泣いていました。

3日くらい仕事を休んで泣きながら

ママ
ママ

ずっとこの状態なの?

って夫に泣きついていました

パパ
パパ

無理なら(妊娠を)やめる?

と夫が言ってきて喧嘩になったりもしました。

妊娠初期の急激なホルモンバランスの変化が原因だったようでその後片頭痛は収まり、噂通り妊娠中は片頭痛がありませんでした。

妊娠後の片頭痛

出産直後

寝不足が続いても片頭痛になりやすい私。産後の3時間置き授乳などで睡眠がちゃんととれず片頭痛になるので?と心配していましたが、産後3ヶ月くらいは不思議と片頭痛はありませんでした。

生後4ヶ月~

4ヶ月以降は油断すると片頭痛が起きてしまいました。

私のかかりつけの頭痛外来の先生は

授乳中のレルパックスは使用NG

というタイプの先生だったのですが、私が食い下がったところ先生が薬剤師さんに電話で確認してくださりレルパックスは使用OKになりました。

ロキソニンも産後帝王切開の痛め止めとして産科で処方されてたので問題ないと思うのですが、代わりにカロナールが処方されました。

レルパックスやロキソニンは母乳に多少出てしまうが用法・用量を守った使用なら赤ちゃんに影響がないとされているらしく、医者によって言うことが違うこともよくあるそうです。私のかかりつけ医は疑わしきは飲まない派だったということですね。

無理が続くとたまになる程度と頻度もそんなに多くなかったので、私は気にせず(無理やり処方して貰った)レルパックスを飲んでいました。

生後1年以降(生理再開)

産後1年1ヶ月して生理が再開すると妊娠前と同様、生理期間中に続けて片頭痛が起こるようになってしまいましたが、この頃には授乳は夜の1回だけになっていたので授乳の時間を避けて影響を気にせず薬を飲めました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このサイトは実際に双子育児をした私の経験や工夫などを発信するサイトになっています。
日々の日記はアメブロの方に更新しています。

ツイッターやインスタもやってるのでぜひフォローお願いします。
ツイッター:【@saza_1207
インスタ:【saza1207

ランキングにも参加しています!応援してくださると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

ここまで読んでくださりありがとうございました!

コメント