双子妊娠と妊娠線について

双子妊娠と妊娠線

双子を含め多胎妊娠は通常の単胎妊娠と比べお腹が大きくなりやすいので、妊娠線はできやすいとのことです。(最初に1人産んでる経産婦さんが次に双子を妊娠したときになったりするらしいので)

妊娠線はケアがどうのこうのというよりは、体質にもよるらしく「出来る人は出来るし、出来ない人は出来ない」とのこと。身も蓋もない。

  1. 体質
  2. お腹の膨らみ方(期間や大きさ)
  3. ケア

こんな順番なのかな。

「人による」と言われても妊娠中は(前半までは)気にすることも多かったので、参考までに私の体質とか、ケア方法と、最終的に妊娠線がどうなったかの経緯を書いて行きたいと思います。これから出産予定の双子妊婦さんの参考の一つになれば。

私の双子妊娠と妊娠線

私の妊娠線体質

私は成長期時代に(横に)成長しすぎて太ももに妊娠線ができています。言うまでもなく「妊娠線ができやすい体質」でした。

双胎妊娠の経過

全然お腹が出てこないタイプでした。よく「双子妊婦のお腹は単胎の妊婦の+2ヶ月」と言われていますが、母親教室などに行っても予定日近い方と大差がありませんでした。前半なかなかお腹は膨らまず、この時点では結果的に妊娠線は出来ていませんでした。

しかしお腹が出てこない=大きくなった双子に内臓をつぶされるということです。圧迫された結果、体調を崩して入院しました。

入院するまではケアもしていたし、下の方に少し妊娠線ができてる程度でした。入院中体調が悪すぎてケアを怠りました。

そして私のお腹は限界を迎えたのか気が付いたら大きくなり、それと同時に体調も良くなってきました。体調がよくなりお腹を見てみるとスイカの模様のような立派な妊娠線ができていました。

妊娠線のその後と私の推測

妊娠線ができにくい体質とは

お肌の水分量とかによってできやすい・できにくいももちろんあるかと思います。ただ、妊娠において一番できやすいのってたぶん短期間にお腹が大きくなってしまうことなのではないかな…

私みたいに後半裂けるように大きくなるパターンもあるし、序盤にドーンとなるタイプもあるでしょうし…こればかりは制御できないのでもうどうしようもないなって感じです。

妊娠線のその後

よく妊娠線の記事に書いてあるのは「出産後は目立たなくなるよ」ってことなのです。確かに目立たなくはなります。でもそれってスイカ→メロンって感じのレベルです。

傷口と同じなので白い凹っとした線が網目状に出来ています。触るとボコボコしているので、1歳ぐらいから2歳2ヶ月の現在に至るまで、寝ているときに双子ちゃんが触って楽しんでくれています。君たち産んだときの勲章だからね!

出産自体は帝王切開だったんですが、帝王切開の傷が目立ちません。縦切りと横切りどちらがいい?と選べて、見た目気にして横にしたけど縦でも良かったかも?ってくらいには気になりません^^;

もうなんか全然参考にならないただの日記ですが、私はこんな感じでした。

関連記事

このサイトは実際に双子育児をした私の経験や工夫などを発信するサイトになっています。
日々の日記はアメブロの方に更新しています。

ツイッターやインスタもやってるのでぜひフォローお願いします。
ツイッター:【@saza_1207
インスタ:【saza1207

ランキングにも参加しています!応援してくださると嬉しいです^^
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

ここまで読んでくださりありがとうございました!

コメント